医院長インタビュー

JINクリニック 吉井 仁 院長

クリニックの内容についてお聞かせください

私は長年静岡済生会総合病院に副院長として勤務し、脳梗塞の急性期治療に取り組んできました。
病に倒れた齋藤先生の後を継ぎ2018年4月聖一色齋藤医院を継承し、お陰様で順調に経過しました。
充分な準備もなく急に開業ということになり慌ただしく時間が過ぎてしまいましたが、私の理想とする理念を体現すべく、この度聖一色齋藤医院を改めJINクリニックと改称し新しくスタートする事にしました。

代表的神経内科の病気(頭痛、脳卒中、認知症、てんかん、パーキンソン病など)を中心に内科全般に診療を行います。また在宅医療にも取り組んでおります

JINクリニックは一人一人が限りある人生をよりよく生きるために、仁の心を持って皆様により良い医療を提供したいと考えています。

神経内科について教えてください

神経内科はどんな病気を診るのですか?神経科、心療内科とは違うのですか?等の質問をいただきます。

間違えられやすいのは神経科(精神科)や心療内科ですが神経科(精神科)は精神的な問題を扱う科であり心療内科は精神的な問題で体に異常を来した病気を扱う科です。
神経内科はこれらの科と異なり脳や脊髄、末梢神経、筋肉に器質的な病気があり、脳や体が不自由になる病気を扱います。

具体的には、頭痛・しびれ・物忘れ・顔や手足の麻痺・顔や手足のふるえ、異常運動・けいれん
・物が二重に見える・言葉がもつれる・飲み込みにくい・意識がぼんやりなど

当院で全身を診て病気の原因が何処にあるかを見極めます。
それによりより専門的な治療が必要な場合、速やかに整形外科、脳神経外科、精神科など各専門医をご紹介いたします。

医療施設紹介