看護師・コメディカル・事務長インタビュー

三島中央病院 菊池真貴子 看護部長

貴院での働きやすさを教えてください

看護部で毎年行われる職務満足度アンケート結果トップ3は、1位職場の人間関係や雰囲気に満足している2位仕事と私生活を両立している3位現在の仕事にやりがいがあるとなっています。疾病予防・救急・急性期・回復期・慢性期・在宅の幅広い機能をもつ地域医療に貢献するケアミックス病院です。看護師としてのキャリア形成の中で、多様な経験を積み、ご自分に合った配属場所を探すこともできます。新卒から子育て世代、ベテランまで、幅広い年代のスタッフが、チームワーク良く、和気あいあいと働いています。また、多職種で協力して患者さんへの最善の医療提供を目指しています。
院内託児所があり、子育て中の方も安心して働けます。育児短時間制度は小学校卒業まで利用可能となっており、手厚い支援体制をとっています。
教育体制は、看護部教育委員会を中心に、ラダーレベル別計画に基づく研修を行っています。また、オンライン教育ツールを導入し、主体的に学べる環境作りをしています。病棟看護体制は、固定チームナーシングと、デイパートナー制や一部機能別取り入れるなど、病棟機能に合わせた柔軟な看護提供体制をとっています。
また、残業削減など、長く働き続けられるための職場環境整備に取り組んでいます。

後輩看護師や、看護師を目指している学生へ、伝えたいメッセージ

 看護とは「新鮮な空気、陽光、暖かさ、清潔さ静けさなどを適切に整え、これらを活かして用いること、また、食事内容を適切に選択し適切に与えること、こういった事のすべてを、患者の生命力の消耗を最小にするよう整えること」というナイチンゲールの残した看護の定義。当看護部では、この定義に基づく看護実践を行っています。
看護師は「医療の視点」と「生活の質の視点」の両方を併せ持ち、患者さんを支えることのできる素晴らしい職業です。「この病院で良かった」「貴方に看てもらって良かった」という、患者さんやご家族から頂いた感謝の言葉や、患者さんの回復の姿は、看護の喜びとして、今でも私の心に深く残っています。このような、看護の喜びや充実感をチームで味わうことのできる職場環境作りを目指しています。
患者さんの持つ自然治癒力を最大限に引き出し、支える看護に興味のある方、地域医療に貢献したいと思っている方は、是非一度見学にお越しください。お待ちしております。

医療施設紹介