看護師・コメディカル・事務長インタビュー

たけなか三島東町クリニック 竹中千夏 ソーシャルワーカー(社会福祉士)

クリニックにおけるソーシャルワーカーの仕事を教えて下さい。

ソーシャルワーカーの具体的な業務は、所属する機関によって異なりますが、ソーシャルワーカーの基本的な役割りは、『面接』を通して来談者の抱える問題や『ニーズ』を把握し、調整を図ることです。当クリニックでは、初診の時、患者さんに問診票を記入して頂いた後に、待合室の一角にプライバシー保護を目的に設けた「相談コーナー」で、ソーシャルワーカーが詳しく御病状や経過をお伺いしています。それにより、来院された患者さんの『ニーズ』を明確にし、医師の診療に繋げます。
 又、往診や訪問診療にも同行し、医師が診察をしている間、別室で御家族から経過や心配事、御要望等をお聴きして、医師に分り易く伝えるようにしています。
 近隣にはソーシャルワーカーを配置している診療所がまだ多くはありませんので、「たけなか三島東町クリニックにはソーシャルワーカーがいる」ということを、地域の皆様に知って欲しいと思っております。

地域における役割りと、なぜソーシャルワーカーになったかお聞かせ下さい。

 大学の社会福祉学科で社会福祉学を学び、社会福祉士の国家資格を取得し、ソーシャルワーカーとして介護老人保健施設や療養病床で約10年間勤務しました。その間、介護支援専門員(ケアマネージャー)の方々が集まる『地域ケア会議』にも参加していましたが、ケアマネージャーさん達のお話を伺っていると、「開業医との情報のやり取りがとても難しい」というお悩みが常に存在するようです。地域のケアマネージャーさん達とクリニックを上手に繋ぐソーシャルワーカーがいれば、より円滑な流れを生み出せるのではないかと思います。病診連携や介護保険施設等との連携に関しても同様です。そういった意味でも、ネットワークを大切にし、クリニックの中だけに留まらずに積極的に地域社会に足を運びたいと考えています。
 ソーシャルワーカーになった一番のきっかけは、子供時代の友達のお母さんがソーシャルワーカーだったことです。とても素敵な女性で、ソーシャルワーカーとなってからも、その方を目標に頑張りました。又、私が通っていた小学校にたまたま特殊学級があって、ごく自然に障害のある子供達と交流を図ることができる環境だったことも、「社会福祉」を職業に選ぶに至った根底にあるようにも思います。

職員に望むこと
 職員に望むことは、「患者さんの立場になって考える」ことです。実践するのは大変ですが、医療従事者としての心構えを持って、優しい気持ちと態度で患者さんや御家族と関わって欲しいです。

医療施設紹介