学生インタビュー

静岡福祉医療専門学校 医療情報秘書科 2年 山田 真由さん

学校で学んだ大切なことや学校生活で充実したこと楽しいことをお聞かせください。

 本学では、医療事務員を目指すにあたり専門知識や資格取得に向けて前向きにがんばれる環境がとても充実しています。まず、一番力になったことは挨拶です。学校内では元気に挨拶をする習慣を身に付けることができました。挨拶は礼儀の一つでもあります。基本から授業で学ぶことができたのでとてもよかったです。医療事務の専門知識のみならず、華道や作法で社会人としての振る舞いを学ぶことができ社会人としての基礎を固めることができました。
 また、1年生の時の実習ではクリニックに行かせていただきました。実際に受付に立つことで、仕事の責任感を感じることができ、学校だけでは学ぶことのできない雰囲気、知識を体感することができました。とても良い経験となりました。スタッフさんと患者様とのやり取りを拝見し、自分もこの道を目指そうと心に決めました。
 資格取得だけでなく、毎日充実した楽しい学校生活を送っていますが、それは先生方はもちろん、同じ目標に向かって励まし合えるクラスメイトのおかげだと思っています。目標が同じなので、学科内はとても仲が良く、「親友」と呼べる友人が何人もできました。

将来の夢や目標を教えてください。

 私は人と関わることが好きで自分の特技でもあるパソコンを使える仕事を検討していました。そこで出会ったのが「医療事務」です。医療事務員は「病院の顔」と言われています。明るく元気に患者様を迎え、患者様の不安を取り除き、落ち着いて患者様が治療できるように持ち前の笑顔で頑張っていければと思います。またその場の状況に臨機応変に対応できるよう経験を積んでいければと思っています。
 就職は静岡市内のクリニックで内定を頂くことができました。一年生の時にこの就職先で実習をさせて頂きましたが、その際に受付に立ち、仕事の責任感やスタッフさんが患者様とやりとりをするところを拝見し、私もこちらのクリニックで働かせて頂きたいと思い応募させて頂きました。就職後、そのような対応が自然にできるように、普段の生活から笑顔でいることを心掛け、学校で学んだことを活かし安心感を与えられる「医療事務員」になることが私の目標です。そして、将来この仕事を選んで良かったと誇りが持てるように努力していきたいです。

医療施設紹介