学生インタビュー

静岡福祉大学 医療福祉学科 3年 石部桃花さん

学校で学んだ大切なことや学区生活で充実したこと、楽しいことをお聞かせください

この大学で学んだ大切なことは基礎をきちんと身に付けることです。1年次からの積み重ねにより理解をより深めることができます。病院で勤務している方が講義をして下さるので、実際の現場をイメージしやすいことも魅力です。また、座学だけでなくロールプレイを通じ病院での患者対応なども学ぶことができ、とても充実した授業が多いです。小規模の大学のため、先生と学生との距離がとても近く、一人ひとりに合ったサポートをして下さるところもこの大学のいいところです。
 大学生活で楽しいことは、専門的なことを学ぶことができることです。自分の知らなかったこと、理解が浅かったことが少しずつ理解できるようになることがとても楽しいです。これからも、多くのことを学び、知識を深めていきたいと思います

将来の夢や目標を教えて下さい

私は、診療情報管理士として病院で働きたいと考えています。診療情報管理士は病院を経営するにあたって重要な職種です。どのような病気が多く、どの分野の疾患に強い病院なのか、その病院独自の特徴などを分析し、公表することで患者さんが病院を選択する際の資料になります。このように医師や看護師のように患者さんの直接的なサポートはできませんが、見えないところで患者さんや医師、看護師のサポートをする診療情報管理士の仕事に魅力を感じました。
 現在はまだ経験もなく、学んだ知識を完璧に自分のものにできていないので、今後の病院実習や認定試験勉強を通じて理解を深めていき、試験に合格するだけでなく、実際の現場で生かせるよう全力で勉学に励みたいと思います。

医療施設紹介