学生インタビュー

静岡福祉大学 医療福祉学科 2年 村瀬 開さん

学校で学んだ大切なことや学区生活で充実したこと、楽しいことをお聞かせください

私は静岡福祉大学で福祉という分野に触れ、一年間社会福祉の学習をしてきました。学習をしていく中で、自分が福祉に関してまったくと言っていいほど知識を得ていないことを痛感しました。福祉大学であるため福祉関係の科目を中心に学習していきますので、高校と違って専門的という言葉を耳にすることが増えました。本学の講義では福祉現場を実際に体験した先生方が自分の体験談を交えながら説明してくれるので、私たち学生も実際の状況をイメージしながら受講することができます。私が今までの講義の中で一番印象に残っていることは、「福祉は利用者のニーズを捉えることから始まる」ということです。この言葉を聞いて以来、私は人の欲求を少しでも満たせるような働きをしたいと感じるようになりました。
大学生活ならではということではありませんが、講義以外にも友人関係が充実していると感じています。大学は高校時代よりも学生が様々な地域から通ってきており、他学科で学ぶ友人もいるので一人ひとりの個性が出ていると思っています。その点では違った価値観を知ることができるため、今後も多くの友人とコミュニケーションを取っていくことを大事にしたいです。

将来の夢や目標を教えて下さい  

「社会福祉士として福祉問題の解決に貢献していくこと」これが今の私の目標です。これを目標に掲げる理由は2つあります。
1つは、現代社会に老老介護や施設不足といった福祉問題が存在していることです。福祉問題の中でも主に介護に関する問題が多い状況ですが、社会福祉士として日常生活を送ることに不安や悩みがある方の相談に乗ったり、支援をしたりなどやれることはたくさんあると思います。
もう1つは、市役所や町役場等の機関で地域活性化に携わることに興味があるからです。静岡県は健康寿命がトップクラスの県ですが、多くの高齢者の方が施設サービスを利用しています。これは上記の施設不足問題ですが、施設が足りないのなら在宅サービスに切り替えていくといった取り組みをすることは可能だと思います。
以上2つの理由より、社会福祉士としての活躍を長期目標とし、クライエントが満足していただけるような働きがけを短期目標としていきたいと感じました。

医療施設紹介