医院長インタビュー

喜山整形ハーブクリニック 喜山 克彦 院長

クリニックのコンセプトと、特色についてお話しください。

 クリニック名に「ハーブ」という言葉が入っていることの意味を尋ねられることがあります。喜山整形ハーブクリニックは整形外科、リハビリテーション科に加えて、漢方内科を標榜しています。私は漢方の専門医でもあるのですが、「ハーブ」という言葉には、人の体(からだ)を自然回帰させる、体(からだ)全体の調子を整わせる「象徴」、「シンボル」という概念を据えています。
 若いころ整形外科医として経験を重ねていく過程で、たまたま漢方を積極的に採り入れている病院に赴任したことがきっかけでした。慢性的な痛みなどに悩んでいる患者さんに対して、漢方を併用した治療が奏効することを身をもって経験したのです。『私が求めるものはこの道の先に在る』と直感しました。

 その後、交通事故に遭われた方などで、怪我とは関係のなさそうな様々な症状に悩まされる患者さんを診る機会がありました。交通事故という辛い経験、その記憶、ストレス、さらにその他の社会環境などによるストレスや疲れが加わることで、いろいろな痛み、症状が現れるのではないか・・・。このような苦しみを除いてあげるためには、“体(からだ)全体のシステムの異常を探る”必要があるのではないか・・・という考えに至って、大学病院の心療内科に所属し、一から勉強し直しました。
 怪我をして来院される方に対しても、始めから“体(からだ)全体のシステム”は如何かという目で患者さんを診るようにしています。

 このような経緯でたどり着いた、私が目指す医療コンセプトは『心身医学的整形外科医療(心療整形外科)および、その発展型である全人的整形外科医療』です。

地域医療を担う上でのポリシー、取り組んでいることをお聞かせください。

 開院当初から、優秀な理学療法士がいてくれたので、リハビリテーション科も整えられました。おかげさまで、職員も徐々に増えており、看護師はもちろん、診療放射線技師、理学療法士、柔道整復師、鍼灸按摩マッサージ指圧師、健康運動実践指導者、アロマセラピストなどの専門家たちが、喜山整形ハーブクリニックの医療を支えてくれています。スポーツ経験者が多く、運動選手の体(からだ)のケアについて精通している者がいてくれることも有り難いことです。
 アロマセラピストは、当院で看護師として勤務している者が、治療者の一人となるべく自ら挑戦しました。当院もできる限りの支援をして、今やアロマセラピストの国際資格をも有しています。

 私のこれまでのキャリアの中で、ここ静岡県富士市は、人生の一通過点になるかもしれない土地だったのですが、わずか数年の滞在期間中に、素敵な出会いに恵まれました。その後、この地を離れていたにもかかわらず、その友人たちから富士市内での開院を熱心に勧められ、実際に行動してくれたおかげで、現在の喜山整形ハーブクリニックがあります(*2010年6月8日開院)。そんな心温かな地域の方々への感謝を込めて、開院の1周年後から「感謝祭」を催しています。駐車場を利用して、例えば、地元の幼稚園児のお遊戯、高校の太鼓クラブの演奏、チアガールの演技などなど、毎回様々な団体が参加して、近隣住民との親睦を深めています。企画から運営まで、当院の職員たちが協力して進めているので、一番楽しんでいるのは彼らかもしれませんね。

医療施設紹介